NEWS

第二弾"BARREL AGED GRAND CRU(Belgian Quadruple)"発売開始!

「Barrel Aged Grand Cru(Belgian Quadruple) x あかし蒸留所(江井ヶ嶋酒造株式会社) / 兵庫 ウィスキーバレル」

STYLE : Barrel Aged Grand Cru(Belgian Quadruple)
BARREL : あかし蒸留所(江井ヶ嶋酒造株式会社) / 兵庫 ウィスキーバレル
ABV : 14.0%
AGE : 2ヶ月、8ヶ月

あかし蒸留所 ( 江井ケ嶋酒造株式会社 ) は酒どころの灘で、江戸時代よ り酒造りを行っており、大正初期にウイスキー製造免許を取得した、 いわば筋金入りのジャパニーズウイスキー蒸溜所です。とてもバランスの良いマイルドなウイスキーを作られています。
今回は、ホワイトオークという商品になる 3 年物のウイスキーが寝かされていたバーボン樽を使用しました。 中村蒸留長との相談のうえ、エイジングビールとしてよく選ばれる Stout や IPA ではない、新しいスタイルのエイジングに挑戦することに決めました。 この樽が持っていた、深く円熟された香りに合わせて、ベルギーの 『Grand Cru(グラン・クリュ)』というスタイルのハイアルコールビー ルを造るアイデアに至りました。
ワインの世界ではグラン・クリュとは「特級畑」を意味しますが、ベルギービールでは最高級品という意味合いで使われています。 たくさんの大麦麦芽とキャンディシュガーを使い、深い味わいの飴色のビールが出来上がりました。 熟成前のビールは甘くフルーティな香り、ダークチェリーやプラムのような味わいですが、バレルエイジによってどのように仕上がったのか...実際に味わってお確かめください。

【バレルエイジドビールとは?】
ウィスキーやジン、ワインなどの木樽にビールを入れ、 熟成させたものを「バレルエイジドビール」といいます。 様々なスタイルのビールを木樽の中で寝かせることで、 木樽の成分や、その前に入っていたウイスキーやワインなどのユニークなキャラクタをビールに移し、普通に作 るだけでは出せない味わいを作り出すことができます。
この製法は海外ではとてもポピュラーで、たくさんのブ ルワリーが様々な種類のバレルエイジドビールをつくっ ています。時にはビールの概念を覆されるような、驚くほど美味しいビールに出会うこともあります。 また日本でも、製造しているブルワリー、これからはじ めようとしているブルワリーが増えてきています。

【RISE & WIN Brewing Co. の挑戦】
私たちが醸造所を立ち上げてから3 年。私たちは、バレルエイジドビール作りへの挑戦を始めました。ワインやラムなどの古樽を生かす、というのは、上勝町のゼロ・ウェイストの理念にも合致します。 そして、その第一弾として、複数の蒸溜所で眠りについていたウイスキーの古樽を同時に活かしてバレルエイジドビール作りに臨みたいと考えました。
今、日本国内外で、ジャパニーズウイスキーの存在感が高まっています。全国各地で、いくつものウイスキー蒸溜所が奮闘を続けておられるのを拝見するなかで、「私たちが今、バレルエイジドウイス キーに挑戦するなら、それぞれの地方で頑張る蒸溜所と、できるだけ連携したい」との気持ちが募ってきました。樽をお借りすることを通して、地方と地方が結ばれればとの思いもそこにありました。
まず、樽の提供をお願いした蒸溜所は、「日本国内で、糖化、発酵 の工程をなしておられる蒸溜所」であること。そして「日本国内で ウィスキーをを熟成している蒸溜所」。つまり、ジャパニーズウイ スキーの文化を大事に育もうとしている蒸留所に声をおかけしまし た。おそらくですが、このように複数のジャパニーズウイスキー 蒸溜所の樽を使うバレルエイジドビール作りは、他にはないはずと自負しています。
私たちは今回、熟成期間の違いによる味の変化をお楽しみいただくために、2 ヶ月と 8 ヶ月の商品をご用意しましたので樽による味の違いもお楽しみいただけます。 バレルエイジドビールをより一層ご堪能いただけますと幸いです。